婚約指輪のルーツ

婚約指輪で人気のデザインであるソリティアは、ダイヤモンドの輝きをいちばん際立たせるデザインとなっています

人気の婚約指輪大紹介のメインimage

婚約指輪のルーツ

宝飾店に勤務していたので、婚約指輪や結婚指輪などブライダル関係の知識も持っていると自分では思っています。

たとえば、なぜ婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指にするの?なぜ婚約指輪にはダイヤモンドが使われるの?などなど。

会社に入社したころ、研修として学びました。

もちろん婚約指輪で人気のデザインやブランド、結婚指輪で人気のデザインなども研修で学びましたが、指輪についての歴史なども学びました。

たとえばなぜ、結婚指輪や婚約指輪は左手の薬指にするかということですが、これは諸説ありますが、そのルーツは古代ギリシャ時代までさかのぼります。

ある説は、左手の薬指は心臓につながっていると信じられていて、ハート、心臓につながる指に指輪をすることで、永遠、輪廻という意味がこめられているということです。

また、それぞれの指には意味があり、左手の薬指には愛する人と絆を深めるといった意味があると思われていたようです。

また、なぜ婚約指輪にダイヤモンドを使うのか、ということですが、ダイヤモンドは天然の鉱物の中でもっとも硬い物質です。

そのことから、かたい絆という意味となり、永遠の愛を誓う象徴であり、またダイヤモンドの輝きと透明な物質は純潔を意味するとも言われてきたと言われています。

婚約指輪といえばダイヤモンドと、あたりまえのように思っていますが、そのような理由があるのだそうです。

特に婚約指輪で人気のデザインであるソリティアは、ダイヤモンドの輝きをいちばん際立たせるデザインとなっています。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索